FC2ブログ
Home  > その他 > Lie麦畑でつかまえて

Lie麦畑でつかまえて

2010/01/30(Sat) 06:35

映画評論家の町山智浩氏がご自身のブログで唐沢俊一氏を批判し、ツイッターやその他でちょっとした騒ぎになっています。

『唐沢俊一はサリンジャーに土下座しろ!」
『唐沢にサリンジャー追悼記事を書かせないためです」


もともと唐沢氏に対して町山氏は批判的だったのですが、この喧嘩は唐沢氏言うところの「オタク第一世代」内での紛争と言えないことも無い。で、同じオタク第一世代としてどっちが信用できるかというと、そりゃもう町山氏のほうです。なぜかというと『宇宙戦艦ヤマト』に対する態度が全然違うからですね。

TBSラジオのボッド・キャストで町山氏は、新作ヤマトを批判しつつ、過去のヤマトにも触れています。

ザ・シネマ・ハスラー「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」


過去のヤマトを語るときの口調や話題が、そのまんま昔のアニメファンなんですね。こういう話が出来る、あるいはこんな話で盛り上がることが出来きたのが、まさに「オタク第一世代」だったのです。


ところが、唐沢氏にはまったくそれが無い。
自分がファンクラブで活動したとかいう話は出て来ても、当時を彷彿とさせるような熱っぽい口調で作品を語らない。極めて醒めた感覚しか感じられないのですね、この人からは。これはヤマトだけに限らず、他の作品(例『機動戦士ガンダム』)でもそう。こういう人は、古いオタクとして信用できませんね。

明らかにいい加減な記事を書いていた唐沢氏は非難されるべきでしょう。もっとも、人一倍無駄にプライドか高そうな唐沢氏のことだから謝罪も撤回もしないでしょうけど…。

しかし、いくらなんでも1950年代生れを「ロスト・ジェネレーション」とは酷過ぎる。オタク云々以前に、モノ書きとしても失格ですな。


タイトルの誤字を修正。お恥ずかしや(^^;

スポンサーサイト



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 ジャンル:ゲーム

Category:その他

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ