FC2ブログ
Home  > BF1942 > オマハTDM・2DAYS その2

オマハTDM・2DAYS その2

2009/12/01(Tue) 02:20

前回の続きであります。


BF1942 123

前日、連合サイドでプレイすることが多かったので、今回は枢軸軍をチョイス兵種は、SG44の威力に萌えてるので突撃兵を選択。これで、やっとのことで坂を駆け上ってきた連合兵を容赦無くなぎ倒してやろうという寸法。


取りあえず防衛陣地の通路(坂の上は手榴弾が雨あられと降ってくるのですぐ諦めた)にて侵入してくる連合兵を待ち伏せ。これが図に当たって、デスよりキルの数が多い状態に。まったくSG44は頼もしいです。チームも調子よく、チケット差も優位の状態をキープ。

これならチームも快勝、自分のスコアも上位に食い込めるかなぁ…と、勝手なことを夢見ていたら…。
なんと突然のサーバーダウン。

BF1942 124

FUCK!

『くそ俺の活躍を全部フイにしやがって』
と、実はたいしたことはしていないのに、たまたま調子が良かったせいですぐ思いあがるワタシ。

ま、すぐリスタートがかかったたのですが、ちとテンションが下がったのと野暮用ができたのでここで一度リタイア。

一時間後、またMG鯖をチェックしてみると未だに戦闘中だったので復帰。

BF1942 125

もう一度枢軸と思ったのですが、連合にしか入れず、いささか不満気味で衛生兵で突撃していったのですが…。

なんとこれが大当たり! 意外に敵を喰いまくったのです。

後半でのスコア。

BF1942 126

キル64、デス64という信じがたい高スコアをキープ。あたしゃ自分の目を疑いましたね。

とはいっても、これ、全部トンプソンで倒したわけではないんですよ。敵の8割は手榴弾で倒したというのが実際のとこなんです。

パターンとしては、


左バンカー下までショリショリしながら移動(ちなみに移動中2回に一回は倒されている)


無事バンカーの真下までたどり着いたら、バンカー内と、バンカーの後ろに一個ずつ手榴弾をプレゼント。



バンカー内と背後の枢軸兵3、4人全滅。


(゚д゚)ウマー

てな展開。もう一発手榴弾が残っていたら坂の上にも一発放り投げてやると、一人ぐらい喰えた時もあります。

枢軸側がイケイケどんどんで前に出てくる展開ならではの結果で、特にバンカー内にはうじゃうじゃいたので、美味しい思いをしました。

もっとも、このスコアのSSを取った直後から、チケット差を一気に逆転しようと、枢軸側が一斉に浜に進出してきました。こうなるともう、下手な自分はお手上げ状態、みるみるうちにデスの数が急上昇し、最終的にはデスの数がキルを20近く上回る、いつもと同じ結果に…。まぁチーム勝ったから、良しとしましょうか……グスン。



で、いよいよ枢軸オンリーでの第2ラウンド。

BF1942 128

こんどは、もう遠慮なくどんどん浜まで降りて行きましたね、連合兵を虐殺しまくろうと。

身の程知らずのこの無謀な行動にすぐ様、デスは赤丸急上昇!
一人も倒さすことなく、やられること数知れず。

その結果が以下のスコア。

BF1942 131

デスがなんと106ですよ、奥さん!
キルとの差は45! いくらデスマッチとは言えこれはひど過ぎる。不名誉な自己記録更新と相成ったわけです。
僕がいなけりゃもしかしたら勝ってたかもと思うと、他のプレイヤーに申し訳ない……orz。


実はデス80ぐらいの時に自分の惨状に気付き、スコア回復のためにデフガンでも撃とうかと思ったのですが…。

BF1942 129

せっかく入ったのにも関わらず砲弾ゼロという珍しい状態
この時点で自棄になり、とことん突っ込んでやろうと決意したのがデス106という不名誉な金字塔(^^;だったというわけです。

ちなみに連合軍の最高スコアは上記のキル151をマーク人ではありません。実はもっと凄い人がいたんです。

それがこの人。BF1942 130

MG鯖の常連タイガー・ハッピー氏その人であります。

その数なんと255! さらにこの数はカウントの上限で、実際は283人も倒してしる(管理人さんの証言)という怪物ぶり。この人はゲームの終盤になって抜けた(理由は255以上にカウントされなっかたのが原因らしい)のですが、最後までいたら300以上は確実だったでしょう。

二日間にわたる激戦を堪能したわけですが、本音をいうとデスマッチはもういいやっていう気持ちですね。
チケット数2700までっていうの、はいくらなんでも多すぎで、プレイ時間も長く、締まらない展開になりがちだったからです。もうお腹いっぱい。暫くは自粛ていう感じですね。

それでも、もし機会があったとしたら次は枢軸で戦車兵をチョイスしてみようかと考えてます。
そうすれば、夢のキル100以上達成も可能かも……と、例の獲らぬタヌキの何とらやを夢想している偽カチンスキイであります。



スポンサーサイト



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 ジャンル:ゲーム

Category:BF1942

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ