FC2ブログ
Home  > BF1942 > ローマへの道はやっぱり遠かった。

ローマへの道はやっぱり遠かった。

2009/11/27(Fri) 06:10

昨日、いつものようにMGのオマハ・オンリー鯖でプレイしていたら、なんとプレイ後のマップが無印ではなくて…。

BF1942 111

RtRのハスキーに。

シングルでは経験ありますが、オンラインでは初体験。
MG鯖では曜日によってはRtRかSWになるのは知ってましたが、拡張パックはSWのDEMOで散々な思いをしていたので、今まで参加するのを躊躇ってました。
他の鯖に移動しようかとも思ったのですが、まぁ気が変わって物は試しとばかりに初参戦しました。


BF1942 112

通常どおり衛生兵で湧いて出るも直ぐ挫折。その理由は、イタリア突撃兵のブレダ機関銃が強いのなんのって…。

元々射撃は(も)下手なのですが、伏せの状態で撃ってくる相手なのに、こちらの装備しているステンガンだと太刀打ち出来ず、一方的にやられるだけ。あるサイトにブレダの弾道の収束性が最高と書いてありましたが、本当にその通り、身をもって思い知らされました。で、対抗するために、滅多に選ばないBAR1918装備の突撃兵をチョイス。これで何とか敵を倒して先に進めるようになりました。BAR様々ですな。

BF1942 113

ゲーム中我らが守護神のDDが砲撃されまくって何回か撃沈。どうも怪しいと思って、DD上にリスポンしたら、案の定ヒギンズボートの中にいました、敵の偵察兵が。排除しようとしたらボートに乗って逃げたので早速追跡。ボートVSボートという、どうにも締まらない海戦発生。まさか以前上げたエントリ
を自分が演じようとは…。

BF1942 114

結局、とどめを刺したのもボートの機銃ではなくてBAR1918。普段、全然使わないBAR1918ですが、今回はすっかりお世話になり、認識を新たにしました。

しかし、この時忍びこんでいたプレイヤー。よっぽどDD上での嫌がらせが好きみたいで、この後、工兵で忍びこみ、嫌がらせのリスキルを繰り返していました。手榴弾で始末してやりましたが、何考えてるんだか…。

と、まぁ僕のgdgdぷりとは関係なく、ゲーム自体は、ハスキーに慣れ切った味方プレイヤーがさっさっと、奥の拠点を裏取りしたおかげで連合有利な展開に。

一時は、浜まで押し返されましたが、辛くも勝利することが出来ました。


最終スコア

BF1942 115


僕のヘタレっぷりは相変わらずですが、枢軸のトップ二人にご注目あれ。

1位の人が208、2位が142という信じられないスコア。
とは言えこの二人の高スコアにはそれなりの理由があるわけで、トップのプレイヤーはブレダオンリーだったから。つまり前述のとおり、敵に対しては、弾道の収束性の最も良い“伏せ”の状態に徹してたおかげでであるからです。

だから、自分が言うのもなんですがこの人はそれほど強くないです。BAR1918で対抗したら、互角でしたから。またあと拾ったMP40で対抗しても結構喰えました。

それに比べて許しがたいのは、2位の人。キル142なのにデスがたったの23というのは、実はヴェスぺオンリー。それもリスキル専門だったからなんですね。中段の拠点が狙える位置に潜み、リスボン直後の無防備状態を狙い撃ちすれば、そりゃスコアも稼げますわな。根性(・A・)イクナイ! この人全然自軍の勝利に貢献してませんでした。枢軸がわずかな差で負けちゃったのは、この人のスタンドプレイが原因かもしれませんね。


続いては、モンテ・カッシーノ。

BF1942 116

こっちは全然だめでした。枢軸最前線に雨あられと注ぐプリーストの砲弾に、やられまくりましたね。

BF1942 117

枢軸が散々やられまくった割には善戦し、連合に拠点一つ与えず勝利。どうもこのマップも裏取りが成功しないと、連合の勝利は難しいらしく、かろうじてそれを阻止できたのが勝因かと思います。僕はやられっぱなしで、まったく足を引っ張ってばかりでしたが…orz。


全く、初めての経験でしたが新鮮な気分でプレイできました。今回の参加人数は若干少なめだったのですが、32vs32だとまた別の展開があると思います。特に、モンテ・カッシーノはもう少し人数がいたら連合の裏取りも成功して、枢軸はかなり苦しい状況に追い込まれたでしょうから。

今後はRtRだけでなくSWにも挑戦してみようかと。もっともヘタレな僕には、慣れるまでに倒されまくりでしょうけど…。



スポンサーサイト



テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 ジャンル:ゲーム

Category:BF1942

comment(1trackback(0

管理人のみ閲覧できます

2009/11/28(Sat)21:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ